禁煙2ヶ月目を振り返っての効果

こんにちは。ritaです。

わたしが禁煙を始めて2ヶ月。

6月1日についての体の変化を箇条書きにしてみたいと思います。

 

  • タバコ自体に興味を示さなくなった
  • 周りにタバコの煙があるとムセるようになった
  • 喫煙者になるべく近寄らないことにした。
  • 肺呼吸が1ヶ月目に比べて楽になった。

 

以上です。

2ヶ月目にしてかなり、体も心も変わってきたようです。

 

2か月目の禁煙効果

 

タバコ自体に興味を示さなくなった。

 

これが一番大きい変化でした。

1ヶ月目は余韻があったのか

「仕事帰りの一服美味しいだろうなぁ~・・・。」

とか

「夕食後の一服は美味しかったなぁ~・・・。」

とたまにですが、思うときもありました。

 

そしてさらに1ヶ月がたった2ヶ月目には

「もう吸いたくないなぁ」にしか思えなくなりました。

 

コンビニに行くときタバコが並んでおりますが、気にも留めないくらい興味がなくなりましたね。

ニコチンの支配が、ようやく終わった感じがします。

 

周りにタバコの煙があると咽るようになった

 

これはちょっと意外でしたね。 まさか元喫煙者ながら、タバコの煙で咽るようなことがあるのかと。

何年も吸っていたタバコの臭いなんて慣れたから大丈夫かと思ったのですが…。

 

1ヶ月目は

「喫煙者が1ヶ月や2ヶ月の短い期間でムセるようになるわけないじゃん」

と思っていましたが、どうやら体は正直のようです笑 人間の体は、よく出来ていらっしゃる。

 

こんな煙を禁煙前は吸ってたとは思えないぐらい良い意味でショックでした。

体がどんどん正常になってきた証拠ですね。

むかし、僕が始めてタバコを吸った時の記憶が蘇りました。。

 

喫煙者と喫煙所になるべく近寄らないようにした。

 

これはいわゆる喫煙の2次被害と呼ばれるもので、

「副流煙」を吸ってしまうことです。

ですがこれが本題ではなく、また誘われて吸ってしまうのではないか?

という恐怖心から近寄らなくなりました。

おかげで誘われることなく禁煙を達成することができました。

 

肺呼吸が1ヶ月目に比べて更に楽になった

 

階段の上り下り、全力疾走しても息切れするスピードが格段に遅くなりました。

喫煙していた日々とは違う、気持ちの良い生活をおくることができました。

また肺の違和感も取れた感じがします。 たまにですが痛みが走ったりしてたもんですから笑

 

禁煙によって様々な経験をすることができました。

タバコがいかに生物の体に重いか、実感した2か月目の感想でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このブログでは、ザイバンという薬を推奨しています。 zybanはあなたの禁煙を確実にサポート出来る薬です。

何をやっても禁煙が続かなかった方、今度こそ辞めてみませんか?

zybanについて