禁煙3ヶ月目であえてタバコを吸ってみた結果

こんにちは。ritaです。

絶賛禁煙中だった僕ですが、タバコを見てこう思いました。

禁煙3ヶ月目でタバコを吸ったらどんなことがおきるだろうか・・・。

 

お前まだニコ中なんじゃないの?と突っ込まれそうですね笑

ですがそんな疑問に駆られて、仕方ありませんでした。

なので思い切って、「友人にタバコを一本貰いました。」

 

完全に裏切るような行動をしてごめんなさい。

ですが、禁煙者としての僕の素朴な疑問なんです。

なので禁煙中の人は絶対行わないでください。

 

というわけで、禁煙3ヶ月目でタバコを吸ったらどうなるか という検証結果を発表したいと思います。

 

禁煙3ヶ月目でタバコを吸った時の体の変化を箇条書きにしていこうと思います。

 

禁煙三か月目でタバコを吸った結果

 

  • 結局僕は半分も吸えなかった。
  • タバコを吸った瞬間咳込んだ。
  • ヤニクラが襲ってくる。

 

結局僕は半分も吸えなかった

 

3分の1ぐらい吸った時点で気持ち悪くなってしまいました。 タバコの煙が以上に不味いんですよ。

懐かしい味とかそんなもの通りこして、ただただ不味い。

 

おまけに口の中に残っている、ニオイがなかなか取れない・・・・・

四六時中タバコの煙を吸っているような感覚に陥り、気持ち悪くなりました。

元喫煙者であった私は、タバコでむせないぞという根拠なき自信があったのです。

 

それが3か月でもろとも、タバコへの耐性は崩れ去ったのでした。

ただ苦しい。その一言につきます。

 

タバコを吸った瞬間咳込んだ。

 

 

口の中に煙が入ることって、こんなにも苦しいことだったのかと思えます。

タバコの煙が苦しく、無理やり肺に入れ込もうとしたら

「ゲホゲホっ!」と今にも死にそうな声を上げて、咳込みました。

 

煙が入ってくるって、最初はかなり不思議な感覚でしたよね。

最初喫煙したとき、私は咳が止まらなかったのを覚えています。

あの感覚に麻痺してしまい、慣れてしまっているんですね。

 

ヤニクラが襲ってくる

 

ヤニクラという言葉をご存知でしょうか?

ヤニクラとは、ニコチンによる脳の血管収縮が原因で、頭痛や吐き気がすることです。

これが一番苦しかったんですけど。

時間と共に体の変化を発表します。

 

喫煙1分後 気管支が痛む&咳が止まらない。
喫煙1時間後 軽い頭痛と軽い吐き気
喫煙2時間後 ひどい頭痛とひどい吐き気
喫煙3時間後 体が少し楽になる
喫煙4時間後 正常に戻ってくる

 

喫煙2時間後が一番つらかったですね。 下手したら道端で吐いてました。

あのヤニクラは、二日酔いレベルに達するかもしれません。

しっかし、よくこんなもの吸えてたなぁ~と実感しました。

 

もう二度とやらないと誓った、タバコの思い出でした。

 

この記事を通して

 

いやはや興味本位とは言え、再喫煙をやってしまいました。

しかし、人間の体の適応能力はすごいですね。

たった3か月間で、10年間以上吸っていたタバコを毒物と認識してくれました。

その上、非喫煙者と同じ体になれたことが、本当にうれしいですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

このブログでは、ザイバンという薬を推奨しています。 zybanはあなたの禁煙を確実にサポート出来る薬です。

何をやっても禁煙が続かなかった方、今度こそ辞めてみませんか?

zybanについて