禁煙の禁断症状を箇条書きにしてみて、対策を考える。

こんにちは。 ritaです。

禁煙の何がつらいのか? 禁煙を経験したことがある人なら、誰もが知っています。

そう。。

 

ニコチンによるイライラ・モヤモヤ!

何事にも集中できない!

落ち着かない!

タバコが吸いたくて吸いたくて仕方がない!

タバコが旨くても辞められん!

 

非喫煙者には分からない・・・ 

 

禁煙の離脱症状・禁断症状。
その症状を自分なりに振り返ってみました。

 

私が禁煙した時の離脱症状・禁断症状をまとめてみます。

 

  • タバコが吸いたくても吸えないモヤモヤとイライラ
  • これからの人生タバコを吸わないと思うと不安がとまらない。
  • 幻覚や妄想を見てしまう。
  • 目まい・頭痛・ダルさのオンパレード
  • 全てのことに関心を示さなくなる。

以上です。

 

タバコが吸いたくても吸えないモヤモヤとイライラ

 

もう当たり前ですね。

これが禁煙をチャレンジするときの大きな壁です。

この感情が耐えられないから、禁煙に失敗してしまうわけですから。

 

 

ここで大切になってくるのは、そんなモヤモヤとイライラをどう乗り越えていくか?

ということをしっかり考え、自分から行動を起こしていく ということが大事になってくるわけです。

 

 

これからの人生タバコを吸わないとなると不安が止まらない。

 

先ほど書いた、「モヤモヤとイライラ」を克服出来た人が禁煙出来なかった。

というケースは結構多かったりします。

 

その原因の一つがこれなんじゃないかなと思います。

 

タバコを吸っていた時間がなくなり、不安になる

 

タバコをやめると、喫煙所に行かなくなります。

そこまでの移動中の時間、吸っていた時間が無くなります。

 

仕事の休憩時間はいつもタバコだった人に対して、この休憩時間はタバコ以外のことをしなければなりません。

この時、人はなぜか空しい気持ちになってしまうんです。

 

いつも休憩時間はタバコを吸っていた。 

という当たり前だった現実がいきなりガラっと変わってしまうからです。 不安で仕方がない。

 

この現実に耐え切れなくなってしまい、再び喫煙を行ってしまう

というパターンは少なくないのです。

いわゆる 禁煙鬱 という心理です。

 

わたしの考える対策は、1週間我慢してみることです。

1週間我慢してしまえば体内のニコチンは完全に抜けきっているので、そんな不安も徐々に減少していくことでしょう。

 

幻覚・妄想を見てしまう

 

これは少々盛りすぎた感があります笑

 

実際幻覚や妄想などは見ておりませんが、タバコが10カートン空から降ってくる 夢を数回見たことがあります。

夢にまで出るって、相当キツかったんだなと改めて実感しました。

幻覚や妄想を見る人って、本当にいるんだろうか。

そしたらタバコも麻薬レベルになっちゃうのかな?

 

めまい・頭痛・ダルさのオンパレード

 

よくある離脱症状ですね。

禁煙したことがある人は皆経験しているかと思います。

 

脳が欲しているニコチンの配達が、いきなり滞るわけですからね。

体からニコチンが完全に抜けきるのは約3日と言われています。

 

3日間待て! としか言いようがないです笑

 

すべてのことに関心を示さなくなる。

 

先ほど書いた禁煙鬱、という感じでしょうか。

 

全てを失った喪失感や、堕落感を味わいました。

個人差などもあると思いますが、わたしの場合結構キツかったです。

まぁ1週間ほどで活力を取り戻しましたが笑

これからチャレンジする方に、無いことを祈ります。

 

 

ザックリと書きましたが、いかがでしたでしょうか?

 

これから禁煙する方にとっては、「やっぱやりたくねぇ」という気持ちが少し芽生えてしまったのではないでしょうか。

 

ですが、大丈夫です。

これらの離脱症状の共通点は、禁煙開始1週間 乗り越えれば、治ることなんです。

たった1週間。 されど1週間。

 

なかなか難しい目標かとは思いますが、1週間待てばこれらの離脱症状はすべて消えます。

まず1日を目安に我慢してみるとやりやすいかもしれません。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このブログでは、ザイバンという薬を推奨しています。 zybanはあなたの禁煙を確実にサポート出来る薬です。

何をやっても禁煙が続かなかった方、今度こそ辞めてみませんか?

zybanについて