タバコとストレスの関係性 禁煙した後のストレスは。。。

こんにちは。ritaです。

 

タバコ吸うとストレス解消になる。

タバコを吸うと気持ちがスッキリする。

 

なんてことよく聞きますよね。

 

昔はストレス解消の道具!という考え方が、一般市民に普及しました。

僕も中学生の頃に吸ってしまいましたが、

 

「これでストレス解消できたらなぁ~」

なんて感じで吸ってしまったのです。

 

今回の記事は、本当にタバコはストレス解消に役立つのか

という真相に探って行きたいと思います。

 

1.タバコはストレス解消の道具になるのか?

2.非喫煙者がタバコを吸ったらストレス解消になるのか?

3. 禁煙後のストレスは?

 

タバコはストレス解消の道具になるのか?

 

単刀直入に言います。

 

ストレス解消にはなりません。

 

確かにタバコを吸うと、すっきりしたり、ストレス解消してる感じはありますよね。

実はそのイライラは、たばこによるものなんですよ。

 

喫煙者ならば、タバコを吸わないでしばらく時間が経てば

「あぁ~タバコ吸いてーイライラするわー」

ってなりますが、非喫煙者はどんなに時間が経っても

「タバコ吸いてー」とはなりません。

 

 

ニコチンが脳をイライラさせて、タバコで解消する・・・

という無限ループなんです。

ストレス解消そのものの原因と対策が、タバコ以外の何物でもないんですよ。

 

非喫煙者がタバコを吸ったらストレス解消はされるか?

 

答えは、NOです。

タバコはストレス解消の道具どころか、もっと自分自身をイライラさせる物に生まれ変わります。

私もストレス解消のためだけに、タバコを吸い始めました。

ところが結局何にも解決されませんでした。

 

結局煙吸ってるだけであって、ストレスも何も解決されません。

といいますか、ストレスと悩みが増えただけです。

 

 

 

禁煙後のストレスは?

 

もちろん最初はあります。

ニコチンによる離脱症状によって、タバコが吸いたいのに吸えないストレスはありました。

しかし離脱症状も抜け、禁煙者になってしまえば、タバコが持ち合わせていたストレスは消えてなくなりました。

 

この記事を通して

 

 

タバコによってストレス解消なんて出来たら、みんな吸っているはずです。

ですが、ますますストレスの原因が増えてしまう厄介者でした。

何の解決にもならないどころか、お金も無駄にしました。

 

タバコを吸うとすっきりするなんて、ニコチンが供給されましたって言ってるようなもんです。

悔しいですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このブログでは、ザイバンという薬を推奨しています。 zybanはあなたの禁煙を確実にサポート出来る薬です。

何をやっても禁煙が続かなかった方、今度こそ辞めてみませんか?

zybanについて