タバコ1箱1000円になる?もしなってしまった時の疑問点

東京オリンピックに近づくにつれ、政府も喫煙という行為に対し、敏感になってきました。

そのため、タバコの値上げが止まらないのが現状です。

 

中には、「タバコ1箱1000円に値上げにしてしまおう」という意見も出てきてしまいました。

 

最初は「さすがにそれは無いだろう」と思われていましたが、海外の影響もあり、

本当に1000円として販売される未来も、十分有り得えます。

仮に1000円として具現化されなくても、値上げは止まらないでしょう。

 

1000円になれば喫煙者が減ると、私は思います。

もしかしたら、タバコ1箱1000円になってくれることは良いことかもしれません。

ですが、そんな私がタバコを1000円に値上げしてしまった場合に考えられる2つの注意点をご紹介します。

 

1箱1000円になったときの2つの疑問点

 

「違法薬物」が流行るかも?

1箱1000円になった場合、政府に対し反感を買う人が出てくるかもしれません。

そんな人の中から、海外経由で違法薬物を輸入してしまう可能性も十分有り得ます。

 

タバコに使う紙巻きに、闇流通した薬物を詰めてしまえば、違法薬物の完成。

まるっきりタバコに似せて作ってしまえば、警察も混乱してしまいます。

これでは、闇業者を助長することに繋がります。

少し極端な話ではありますが、麻薬・覚せい剤ですら流通している現状です。

 

可能性としては、十分あり得ますよね。

 

タバコのみ税金を大幅アップするのは如何なものか?


タバコを吸う人は、いわゆる「タバコ税」という特別な税を払っています。

タバコの価格の7~8割が税金であることは、みなさんご存知ですよね。

 

そんなタバコ税ですが、急速な値上がりが続いています。

 

タバコの値上げと言えば、やはり2010年頃を思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか?

1箱100円以上も高くなってしまうと、愛煙家としては非常に痛手です。

あの時のショックは、今も鮮明に覚えています。

 

今年の春あたりに、旧3級品(echo.わかば等)も300円代になってしまいました。

タバコの値段にも、とうとう規制が入ってきたことが分かります。

 

さて本題ですが…

タバコのみ1000円という価格で販売するのは、喫煙者へのイジメではないでしょうか?

取れるところから徹底的に取るという魂胆が見え見えです。

 

全体的に税金を上げて「税収を行う」というのは、まだ分かります。

ただ、タバコのみ短期間で上げすぎなのでは?と思います。

 

こんなチマチマ値上げするぐらいならば、一層のこと一気に1000円に上げて欲しいくらいです。

 

まとめ

タバコ1箱1000円に上がることは、全体を通してみれば非常に喜ばしいことです。

しかしながら、まだ日本の喫煙率は先進国の中では高いほうです。

 

つまり1000円の値上げに対し、批判的な意見を持っている人も沢山いるでしょう。

そういった人達に対して、どんなケアをしていくのかも、今後の重要な課題となりそうです。

 

次は1000円に上がった際、どんな変化が起きるのかを考えていきたいですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このブログでは、ザイバンという薬を推奨しています。 zybanはあなたの禁煙を確実にサポート出来る薬です。

何をやっても禁煙が続かなかった方、今度こそ辞めてみませんか?

zybanについて